積木とか、カプラとか…

おもちゃ , 0 Comments

カプラ

『積木とか、カプラとか…』

 

カラーのカプラがあると、遊びがいろんなふうに広がります。

平面に並べて、こんなデザインも

床の色も合わせて、並べ方を考えたんですね^^

カプラに限らず、いい積み木は

子どもたちの工夫をしっかり受け止めて、

美しい造形をしっかり目の前に現してくれます^^

 

でもやっぱり、

積木って、地味なおもちゃです。

なので、買ったのに遊ばない!なんてことも、あります^^;

でも、もしかしたら、

どんなことができるのか、何が楽しいのか、イメージできてないのかもしれませんよ?

積木のような地味なおもちゃほど、想像力がいります。

だからこそ、はじめは大人と一緒に遊んでほしい。

なぜかというと、「できることの例」を、子どもの目の前で見せてほしいからです。

こんな風に積める、こんなふうに並べる、あんなこともできる、こんなこともできる…。

子どもたちが、そういう「想像を形にしていくやり方」や、「その遊びの楽しさ」が分かれば、大人の役割はもう済んだも同然です^^

どんなことでも「夢中で遊ぶ」「大好きになる」には、きっかけが大事。

そこには大人の配慮が必要なんです^^

 

 

   

カプラでゲーム

さらにその他 , , 0 Comments

カプラでゲーム

 

「下のやつ、一本取ったー?」

「取った!…けど、崩れないぜイ♡」

「じゃあ今度オレね、崩さないからな〜!」

 

積み木のカプラ、

積んだあとに、こんなゲームに展開していました^^

それ、いいねえ!

 

 

子どもと「素材」のおもちゃ^^

さらにその他 , , 0 Comments

カプラ...子どもと素材のおもちゃ

 

洗濯物をかけて、居間に戻ってきてドアを開けたら…

ご飯の支度を終えて、子どもの様子をのぞきこんだら…

 

こんなのが目に飛び込んでくる!

…ことがある^^

 

こんな楽しいびっくり、

こんなうれしいびっくり、

こんな幸せなびっくり、

こんなびっくりな、感動^^

 

なにげなく、

ほんとうに何気なく

あたりまえにくれるから、

きみたちが大好きなんだ^^

 

でも

きみたち子どもにとっては、

「やりたくてやってる」んであって、

「みせたくてやってる」わけじゃない。

 

どんどんいろんなことがわかる。

どんどんいろんなことができるようになる。

どんどん体も大きく、ちからもちになる。

手先も器用になって、いろんな表現ができる。

どんどん自分の気持ちを、想像を、

ことばや絵で、表現できるようになる。

 

ただ、そのあたりまえのことを

しているだけなんだ^^

 

 

ところで

写真のおもちゃは、「カプラ」といいます。

長細い、ただの木片です。

 

だけど、積むこと、並べることを

細やかに計算して作られている。

 

どんなふうに積んでも、どんなふうに並べても、

長さや幅が、ぴたりと合う。

子どもの表現をストップさせない、

しっかりした作りになっている。

 

やってみたいことを、思うままに。

表現したいことを、のびのびと。

 

積み木やブロックなどの

こんな、「素材」のおもちゃは

どんどん大きくなる子どもの育ちを、

子ども自身にも

わたしたち大人にも、

おおきな喜びをともなって 見せてくれる^^ウレシイ

 

「こんなことができるようになった」

すてきな喜びを、子どもと一緒に感じたいですね^^

それをちゃんと与えてくれる

「素材」のおもちゃ、用意しませんか^^ドオ?

 

 

積み木のいちばん大事なことは

おもちゃ , 0 Comments

積み木は、とっても地味だけど、

実は子どもたちにとって、すごく面白いおもちゃだったりします^^

 

この写真のカプラ、これは

「崩れる時の音がいちばん美しい」という理由で

松の木で作られています♪

 

こんな喜びもあるんだ、って、びっくりしますね^^!

 

この写真のカプラ、これは 「崩れる時の音がいちばん美しい」という理由で、松の木で作られています♪

 

実はとても大事なこと^^

何段も何段も、高く、もっと高く、

上を見上げて、わくわくの顔で

積み木を重ねていく子どもたち。

 

わずか0.1ミリのズレも、

100枚積めば、1センチの差になります。

そんなんじゃあもう、積み重ねることは難しい…><
 

丁寧に、きっちりと正確に作られている積み木は、


しっかりと子どもたちの信頼に応え

失敗しても、何度でも挑戦しようとする意欲を

ちゃあんと保障してくれます^^