つくれるかな、つくってあげたいな^^

レンタルスペースで , 0 Comments

ちくちくのへや@かばんねこ

子どもたちがまさにままごとが大好きなころ、こんなのを作ってあげたいなとおもったけれど、

日々のいろいろで、そんな余裕はまったくありませんでした。

 

でも、材料が用意されていて、教えてくれる人がいて、その場でできる。

おまけに、子どもも一緒に参加できる^^

そんな場があったら、憧れが叶ったかもしれないなあとおもうのです。

 

もうその子は中2のなまいきな男になってしまいましたが、喜んでくれるかな♡

 

9月30日(金)10:00-「大人おままごとの会」フェルトで作ろう、かわいいピザとハンバーガー

かもちゃん先生が言うには、どんなにお裁縫が苦手でも、かわいいのが、簡単にできちゃうんですって^^

子どもたちへのすてきな贈りものになりますね、きっと。

 

*******************************

まいにち育つ、こどものために。こどもと育つ、おとなのために。

木のおもちゃと手仕事屋かばんねこ

℡ 0277-46-6644(10-17:30 木土祝お休み)
お問い合わせもどしどしどうぞ

 

☆かばんねこが子どもと大人のためにできること、いろいろ。

おもちゃと遊びの専門店 (0歳から100歳まで!)

キッチンと、おもちゃと絵本のあるレンタルスペース

③美しい素材で、ワークショップいろいろ(子ども・大人)

④アナログゲームの面白さ、白熱の体験会!(4歳から100歳まで!)

⑤子どもの育ちと遊びの講座(年齢や発達にあわせて・積み木などテーマ別)

⑥おもちゃのプランニング(子ども・療育・お年寄りのために)

⑦遊びの空間プランニング(子ども・療育・お年寄りのために)

詳しくは、お問い合わせくださいね^^ドシドシ!

 

***************************

素材の魅力

おもちゃ 0 Comments

花はじきとままごと

昨日お店にきてくれたちびさんは、ままごとキッチンに立って、ずーっとお仕事。

 

マグネットやマジックテープで切る、野菜や果物の素材もあるのですが、

そんな野菜そのもの、果物そのものには目もくれず、

写真の花はじきやチェーンリングを素材に、楽しそう^^

「もりつけにお皿をどうぞ」と差し出すと、ニコニコお皿によそって、お母さんへ。

 

小さくていっぱいある素材は、色や大きさや形で、どんなふうにも見立てられますね。

 

おなべにたっぷり入れて、心地いいい抵抗を感じながらおたまで混ぜるのも楽しいし、

フライパンの上で、ヘラに素材がぶつかる音や感覚を楽しみながら、ジャージャーと炒めることも、うれしい。

 

花はじきを食べ物に「見立てる」という想像の楽しみと一緒に、

手で道具をうからこそ、子どもたちは「手加減」を知っていきますね^^

 

 

 

 

おままごとに、たまごをどうぞ^^

おもちゃ 0 Comments

たまご

おままごとに、たまごはいかが^^?

おなべに、フライパンに、コンコン!

とっておきのお料理は、何でしょう。

 

子どもたちは、コンコン!が、したいんだよね。

お母さんみたいに^^

 

いつも、見ているから。

子どもたちはいつも、大人の仕事を

あこがれをもって、見ています^^

 

ままごとで、子どものイメージを助ける^^

さらにその他 , , 0 Comments

ままごとで、子どものイメージを助ける^^

 

ままごと、子どもたちはよくしますね^^

でも、

食事の場面では、「作って」「食べる」

そこで終わることが多くないですか?

食べ終わったら、食器を下げて、洗う。

洗ったら拭いて、棚に片付ける。

食事をつくるところから食器をしまうところまでを

大人がつなげて見せてあげると、

子どもたちのまねごと遊びも

よりイメージ豊かにつながっていきます。

ごちそうを作るときも、

野菜を洗う、切る、炒める…と

ほんとうにお料理しているみたいに

具体的に、丁寧に演じてあげると、

子どもたちがどんどんイメージする力にもなります。

ままごとで大人が果たしてやる役割は、

こんなところにあったりします^^

 

 

    

ままごとから、子どもの希望を感じる

さらにその他 , , , 0 Comments

ままごとから、子どもの希望を感じる

キャンプごっこ。

何かを探してて、ランタンを見つけたんですね^^

 

去年のことなのに、

こんなふうにままごとにして遊ぶっていうことは、

キャンプは、「楽しくて、もう一度したいこと」なんだなあ^^

 

こんなふうに、子どもたちは

「何度でも体験したい幸せなこと」や、

「こうだったらいいな、という自分の期待や願い」を

遊びのなかで表現します。

ままごとで、積み木やブロックで、絵で…。

 

そんなふうにして気づくことができた

子どもたちの願いは、

できれば、ぜひ、叶えてあげたいです。

叶えられないことでも、

できるだけ感じてやれるようになりたいです。

願いが叶わないこともあるけれど、

叶えられないけれど、わかっているよ、と伝えたい。

 

どんなときでも

「お母さんなら、お父さんなら、大丈夫」って

周りの大人に期待をもって、

いつでも受け入れてもらえることを感じながら

大きくなってほしいし、

やっぱり

そういう「受け入れられる人」になってほしいから^^  

 

 

    

ままごとはまねごと

さらにその他 , , 0 Comments

ままごとはまねごと

 

ままごとは、まねごと^^

お母さんになったり、お姉さんになったり、

お店屋さんになったり、お医者さんになったり、

子どもたちは 忙しい^^♪

でも、その「まねごと」が、すごくいい^^!

まねるから、何かを知る。

まねるから、やりかたを考える。

まねるから、わからないところを想像する。

まねるから、自分ならこうする!を想像する。

ままごとをしている子どもたちを、

しばらくのあいだ、眺めてみてみて下さい。

子どもたちの生きる力は、フル回転です^^

 

   

    

ままごとには、小さい素材も^^

さらにその他 , 0 Comments

3歳からは、ままごとに素材を^^

 

3歳くらいになったら、

ままごとには

チェーンリングやおはじきなど

小さな素材も、用意してあげてくださいね^^

 

小さな素材たちは、

ご飯になったり、おかずになったり、

ごちそうの飾りになったり、飲み物になったり、

子どもたちの想像に応えて、大活躍してくれます^^

 

そして、子どもたちは

いろんないろんなごちそうを、

あなたに作ってくれるでしょう(#^.^#)イタダキマス

 

かばんねこのキッチン

さらにその他 , , , 0 Comments

おもちゃ屋さんかばんねこのキッチン

 

いっぱいあそべたかな^^?

 

子どもたちが帰ると、

キッチンには、必ずこんなふうに

楽しい遊びのあとが 残っています。

 

 

赤いリンゴを手にとって、「いんごー^^♪」

ぱくんと食べるふりをして、「おいしー(#^.^#)」

 

「ちょうだいな」「はい、どーじょ^^♪」

ママと、やりとり遊びをしてニコニコ

 

包丁を手にして、真剣な顔で、ざくっ!

切れた!の満足顔^^

 

お皿にいっぱいもりつけて…

ママと、パパの分だから、おさらはふたつ。

ママの方が、なぜかいっぱいだったり^^

 

 

いっぱい遊んで、

いっしょに来たママやパパや、

おじいちゃんやおばあちゃんと

おしゃべりしてね^^

 

あなたが、そんないい顔で

体も、心も

のびやかに育っていく姿を想像することは、

まわりの大人の人たちにとって

とっても幸せなこと。

 

そのための、いいおもちゃたちです。

だから、遊べる見本をいっぱい出しています^^

 

 

子どもたちの いい顔を見せてくれる、

思いきり楽しく遊びながら

成長をしっかりお手伝いしてくれる、

そんなおもちゃたちを

子どもたちと一緒に、感じに来てくださいね^^

 

期間限定のお店

「かばんねこのクリスマス!」は、

明日の24日までです^^

4歳、5歳のままごとあそび^^

おもちゃ , 2 Comments

ままごとって、年齢によってどんどん変わっていきます。

遊びかたも、友達との関わりも、調理道具も、ご飯の素材も…^^

 

子どもが4歳、5歳と大きくなってくると、

鍋やフライパンには

「皮も葉も付いた人参そのまま」を入れないことを、

子どもたちは当然、知っています。

もうあたりまえに、

皮をむいて、切って、調理することを知っています♪

 

だから、この年齢の頃に

野菜やお肉や果物として活躍するのは…、

 

4歳、5歳ころ、野菜やお肉や果物として活躍するのは、ビーズ・おはじき、どんぐり、チェーンリング...

 
ビーズ・おはじき、どんぐり、チェーンリング…
 
こんなふうに、小さくて、色の鮮やかな素材たち^^
 
 
4歳、5歳のままごと遊び。コーヒーと紅茶^^
** コーヒーと紅茶 **
 
 
 
想像を膨らませて、イメージ豊かに、

色や形、触った感触…

素材のいいところを いろんなものに見立てて、

すてきなご飯やデザート、飲み物、

いろんなごちそうを作ってくれるでしょう^^
 
 
4歳・5歳のままごと遊び。メロンジュース^^
 
** メロンジュース **
 
 

男の子にも大事!「おままごと」^^

おおきくなる子ども , , 12 Comments

ままごとは、手を動かして、イメージして遊ぶ、大事なあそび^^

ままごとは、手を動かして、イメージして遊ぶ、大事なあそび^^

「ままごと」は、

食事や台所仕事を中心とした生活の全てについて

大人のまねをする遊びです。

生活の中で見聞きしたことや経験したことを

再現して楽しみます^^

mamagoto1.jpg

1歳前の「ちょうだい^^」「はいどうぞ^^」のころから、

ままごと遊びは始まっています。

心の育ちを想うと、

男の子にも、十分にさせてあげたい遊びです^^

 

「え??女の子だけの遊びじゃないの??」

いえいえ、違います。

だって、

お料理したり、掃除をしたり、赤ちゃんのお世話をしたり、

細やかに手を使います。

そして「ままごと」はイメージを働かせる遊びです。

ママやパパの役割をしたり、

おはじきを「にんじん」に見立てておかずにしたり、

積み木を「アイロン」にして、アイロンがけしたり…。

 

手を使って、情景や役割を想像してあそぶ「ままごと」

手は「第2の脳」と言われていますよ♪

手を使って、イメージして遊ぶことは、

「脳を活発に元気に働かせる」ということでもあります^^

(それも、楽しく^^)

日常をなぞる「ままごと」は、子どもの心を穏やかに安定させてくれます。

また、

日常をなぞる「ままごと」は、子どもの心を穏やかに安定させてくれます。

日常だからこそ、子どもたちに落ちつきと、穏やかな心をもたらします。

 

それに、

「ままごと」は、遊びを通じて人とのコミュニケーションを教えてくれます。

ままごと遊びを通じて友達と関わるなかで、

楽しさを共有したり、想いを分かち合ったり、ケンカしたり…

豊かなコミュニケーションを体と心で学びながら、

子どもたちは人とふれあうことの喜びを知っていきます^^

「ままごと」は、遊びを通じて人とのコミュニケーションを教えてくれます。

人と関わる力は、生涯の大事な宝です♪

男の子も、女の子も、おんなじ^^