子どもを愛することが、書かれています

さらにその他 , , , 0 Comments

エーミールと探偵たち (岩波少年文庫 (018))

           エーリッヒ・ケストナー作

 

 

子供時代以来、久しぶりに読みました。

読んでいて、とってもしあわせな気持ちになるお話です^^

 

子どもたちの冒険にわくわくして、

幸せな結末に大満足^^!

 

なんだけど、

この本には、ストーリーのなかに

子ども時代の経験や感情、

家族への想い、

友達との会話と信頼、

大人への思いと期待、

たくさんの大事なことが

いろんな会話や文のなかに

ちりばめられています。

 

そのひとつひとつが、本当にありがたく、いとおしい^^

 

 

たとえば、家族への想い。

  「おかあさんが一生のあいだ、疲れを知らず、

  じぶんのためにしてくれたことにたいし、

  彼は、じぶんなりに少しでもむくいることができたのを、

  誇りにしました。」

 

 

たとえば、友達との出会い。

  「ふたりは握手をし、たがいに、すっかり好きになりました。」

 

 

たとえば、

お金をあげるというお祖母さんの言葉を、かたくなに拒むこと。

そのお金を努力してつくるお母さんと、

そのお金をもらうおばあさんの暮らしを想うこと。

  「いやです、いただきたくないんです」

  「はやく、お金をかくしてしまいなさい!」

  おばさんが言って、エーミールのポケットに札を押し込みました。

  「ええ、どうしてもそうしろというんなら」と 彼は泣き声を出しました。

  「どうもありがとう、おばあさん」

  「わたしこそ、ありがとうだよ。わたしこそ、ありがとうだよ。」

  と おばあさんは答え、エーミールの髪をなでました。

 

 

たとえば、

友達と自分との、家の暮らし向きの違いを感じながらの会話。

共通項がみつからないけれど、

だけれど、家族への想いをしっかり互いに感じあえること。

  「ぼくにはよくわかるよ。」

 

 

たとえば、

自分がひきうけた責任をつらぬく意志。

それをあたりまえのこととして、素直に誠実に、頑張る気持ち。

責任を貫く、というのは

自分のことを大事にしている、ということでもあります。

自分の言ったことを嘘にしない、とか

引き受けたことをしっかりやる、というのは

自分の誇りを尊ぶことだなあと、

その姿がとても羨ましく、あこがれます。

 

 

そしてたとえば、

ともだちが善意でしてくれていることに、

きちんと報いること。

 

 

エーミールたち、子どもたちの姿に

しっかり自分の想いと考えを持って行動し、

誰かを想い、そしてまた

自分も誰かに想われていることをよく分かって

自立しようとする「子ども」の姿を

見せてもらいました。

 

でもそれはきっと、

そういう心を育ててくれる

大切な人があってこそ。

 

 

だからやっぱり

一番好きなセリフは、

「いいえ、欠点なんてものは、ほんとはありません、

うちのエーミールには」

 

お母さんの、この言葉^^

おはぎ作りにて、子どもの姿に…

おおきくなる子ども , 2 Comments

子どもが大人のすてきなしぐさをまねるって、いいことだなあ^^

 

塩はちょっぴりね、と教えたら、この手つき(゜o゜)オオ…

誰から習ったの??

おっかーじゃないね(^_^;)

 

でも、

大人のすてきなしぐさをまねるって、いいことだなあ^^

どんなふうに感じて、それを見ていたんだろう。

 

私の知らないところで、

5歳さんは

いろんなことを見て、聞いて、感じているんですね♪

 

子どもが大きくなるって、

自分の知らない子どもの姿に出会える、

こんな喜びもありますね。

 

なんだか頼もしくて、うれしい気持ち^^

 

お彼岸の日、おはぎ作りにて、

5歳さんの姿に感じ入った母でした(#^.^#)ムスメヨ~♡

 

 

さて、そのころお母さんは…

子どもとゆく 0 Comments

とっても、なかよし親子ですねえ...^^ウンウン♪

 

とっても、なかよし親子ですねえ…^^ウンウン♪

…で、みなさん。
この写真を撮ったお母さんは、
この仲良しファミリーを
どこから写していると思いますか^^ドコカナー?

 

さあ、思い描いてください^^

足こぎの白鳥さんに、一人乗りであります。
ニンズウセイゲンノ(T_T)バカバカ

 

 

息子たちの重みのあることば

子どもとゆく 8 Comments

「お母さん、大変大変って言うけど、
大変って、”大きく変わる” って書くんだよ」

と、
涙が出るようなことをお母さんに教えてくれたのは、
知人の息子さん。

奇しくも同日、
「おかーさんおかーさん!
”蛇”っていう字はね、”虫くってウヒ♡” って書くんだよ^^」

そう教えてくれたのは、我が息子です。

みなさんは、どっちの息子が欲しいですか^^?
わたしはもちろん…ゴニョゴニョ…

 

お世話あそびのおんぶひも^^

おもちゃ , , , 2 Comments

お人形さんの、おんぶひもです♪  1歳くらいから3歳くらいまで、  子どもたちは、お人形さんをおんぶするのが大好き^^♡  お母さんにしてもらったように、  お人形さんを赤ちゃんに見立ててお世話してあげます。

 

これは、何でしょう^^?

 

全体の一部の写真だと、わかりづらいですね(^_^;)

お人形さんの、おんぶひもです♪

 

1歳くらいから3歳くらいまで、

子どもたちは、お人形さんをおんぶするのが大好き^^♡

お母さんにしてもらったように、

お人形さんを赤ちゃんに見立ててお世話してあげます。

 

そんな子どもたちに、

ぴったりのおんぶ紐をつくりたいなあ…♪

 

そんな想いで、

おもちゃコンサルタントの作家さんに

おんぶ紐を作ってもらっています。

 

いかがですか?小さなモニターさん♪  お人形さんとぴったりくっついておんぶできるように、  バックルでカチッでなく、  紐でぎゅっとできるようにしましたよ^^

 

その試作品を、お試し中^^

いかがですか?小さなモニターさん♪

お人形さんとぴったりくっついておんぶできるように、

バックルでカチッでなく、

紐でぎゅっとできるようにしましたよ^^

ゆっくり歩く…子どものお母さんとして

おおきくなる子ども , 4 Comments

ゆっくり歩けば、いろんなものが見える。ゆっくり歩けば、いろんな音が聞こえる。 ゆっくり歩けば、遠くまで行ける。

 

ゆっくり歩けば、いろんなものが見える。

ゆっくり歩けば、いろんな音が聞こえる。

ゆっくり歩けば、ちょっと立ち止まって
何かを見たり、触ったり、だれかとおしゃべりできる。

そして、

ゆっくり歩けば、遠くまで行ける。

 

これは、あなたに言っているのではないのです。

あなたのお母さんである、
私に言っています。

 

急がない、せかさない、くらべない。

 

あなたが、ゆっくり、
自分の足で、しっかり歩いて

遠くまで行く姿を、見ています。

 

お母さんだからこそ、自戒として^^

ゆっくり歩けば、遠くまで行ける。

 

子どもが、ゆっくり、 自分の足でしっかり歩いて、遠くまで行く姿を、見ていたい。

福島のママと

そのほかいろいろ , 16 Comments

「あいコープふくしま」という、

福島の生協の、理事さんたちのお話を伺ってきました。

『放射性物質のなかで、日常生活を取り戻すために』という演題です。

理事さんといっても、

3人のうち2人は、子どもたちの「お母さん」。

同じ母親としてとても辛い、そして希望を感じられるお話をうかがいました。

 

彼女たちは、地産地消をすすめる

生協の理事さんです。

けれど、その前に、「お母さん」なのです。

 

自分たちが子どもを育むのに最良と思って続けてきた

地域の生産者と消費者をつなぐ生協の活動。

…だけど、

3月11日の地震からはじまる放射能汚染。

たとえ互いにつながり、支え合ってきた生産者さんが作ったものであっても、

子どもたちには与えられない、

与えたくない…!

 

そしてほとんど情報のないなか、

子どもたちを守りたいと、必死で過ごしてきたそうです。 

 自分たちのやってきたことを裏切るような、

「西日本野菜セット」の販売も決めました。

ただただ、小さい子を持つお母さんが待っている、

そのために。

 

自分たちの暮らし、築いてきたもの、これからの夢…、

全て無になったような

先の見えない闇に放り込まれたような気持ちだったそうです。

 

そんなとき、

福島原発のすぐ近くで、原発反対運動をしながら

有機農業を続けている生産者さんに、

一筋の光をいただいたそうです。

 

「畑を6分割して、6分の5を、普通の畑にしましょう。

汚染された表土をはがして、それを6つのうちのひとつ、6分の1の場所にまとめましょう。

家の周りの土も、花壇の土も、みんなそこにまとめて、

そしてそこに、菜種やひまわりを植えましょう。

有機の土は、大丈夫。

普通に農薬を使っているところより、汚染されにくい。

ほら、土をはがしたところの線量を測ってみて、ね、低いでしょう。」

 

ああ、自分たちが生産者さんに協力してもらい進めてきた

減農薬・有機農業は正しかった。

食べ物は大丈夫、今までどおりでいいんだ。

 

そして、

ここに残ろう、ここで暮らそう、

ここで、子どもたちを守っていこう。

そして、ここに残る私たちだからできることをやり、情報を発信していこう。

 

暗闇の中に、ほんとうに細い細い光だけれど、

確かだと思える光を感じて、

「お母さん」の彼女たちは、心を決めたそうです。

 

子どもたちには、どうか健やかに、よい毎日を過ごしてほしいです

 

私も、2人の子どものお母さんです。

彼女たちと同じ苦しみを味わってきました。

群馬だから、200キロ離れているからといっても、

放射能への不安や自分の手の届かないものへの怒り、

やるせなさ、子供たちへの想い、

その軽重はないと思っています。

 

子どもの体調の変化にびくびくし、

スーパーの野菜売り場の前で何分も立ち尽くし、

学校に給食の問い合わせをし、

ネットの情報を調べまわり、

心の芯から疲れる毎日。

ちょっと前までの私の姿を思い出しながら、

彼女たちの話を聞きました。

 

 

なんだか今日は重たいですね^^

次のブログでは、「希望」の方を書きます。