お人形さんを、子どものそばに

おもちゃ, おおきくなる子ども 0 Comments

お人形さん

お人形、女の子にも男の子にも、あるといいですよ^^

自分がお母さんにしてもらっているように、だっこしてあげる。

自然に手が背中を、トントンしています^^

自分がお母さんにしてもらっているように、高いところにある何かを見せてあげる。

しっかり脇やおしりを抑えて、見せてあげていますよ^^

自分がお母さんにしてもらっているように、ご飯を食べさせてあげる。

どんなふうに声をかけているかな、お母さんと、一緒でしょう^^

そんなふうに、お人形のお世話遊びをしながら、

子どもたちは、

自分のしてもらっていることを再現して、

うれしい気持ちや、楽しさ、喜びを、もう一度、味わっています。

親から愛されていることを、それをお人形を通じて再現することを通じて、

ゆっくり、かみしめるように、確認しているような感じ。

そして、子どもたちは

愛するということも、そのまねごとを通じて、知っていくんですね^^

友達とも人形遊び^^

さらにその他 , , , 0 Comments

友達とのお人形遊び

 

かばんねこのお店に置いていた

タオル人形(写真左)を気に入った6歳さんは、

さっそく「こりんご」という名前をつけて母におねだり、

ゲットしていました。

 

「お人形さん、はるちゃん(写真右)がいるんだから、

二人もいなくてもいいんじゃない??」

と思っていたら…

 

お友達が遊びにきたとき、

もうもう、大〜活〜躍〜ヽ(*´∀`)ノワアー

 

お人形遊び、お友達と一緒だと

ひとり遊びのときとは違って

「想定外」の楽しさがありますね^^

 

いきなり宇宙に飛んで行っちゃったり、

わたしアメリカ人ね、なんて言われたり、

突然怪我して救急車が出動したり…

 

こうしてパソコンをパチパチしながら、

笑いをこらえる母です(*^◯^*)タノシイ!

 

お友達とお人形遊び、いいですね^^

人形はこんな大きい子じゃなくても、

シルバニア人形のような小さいものでも、

お友達に貸してあげられる分があると

なかなかいいみたいです^^

 

お人形さんとぬいぐるみと、お世話遊び

さらにその他 , , , 0 Comments

お人形さんと、お世話遊び

 

お人形さんやぬいぐるみは、はじめ

子どもたちの、お世話あそびの「赤ちゃん」です。

 

抱っこしたり、おんぶしたり、寝かせたり、ご飯をあげたり…。

だから、

それにふさわしい「体のつくり」が、とっても大事^^

 

例えば、

*だっこやおんぶのときに感じる、適度な重さがあること。
(よしよし…って揺すってあげるときに、重みを感じないのはつまんない!)

*ねんねやお座りなど、手足や腰が、自由に動くこと。

*抱き心地がいいこと。
(柔らかすぎてぺったんこになったり、硬くて痛かったら、だっこしたくない! )

*汚れたら洗濯ができること。

*頑丈なつくりであること(^O^)ヤッパネ 

 

だから、

赤ちゃんの時に与えるお人形やぬいぐるみは、

ママやパパが、ちょっと気にしてあげてください^^

1歳2ヶ月とか3ヶ月とか、それくらいから、

いっちょまえに お世話遊びが始まります^^

 

自分がママやパパにしてもらっているように

「赤ちゃん」を 大事にお世話して、

自分が得ている満足を お人形さんにも与えて、

自分の満足を、もう一度 体験しています(〃ω〃)

 

「お世話遊び」。

子どもの、とっても幸せなあそびです。 

 

子どもの心と、お人形さん

さらにその他 , 0 Comments

子どもの心と、お人形さん

 

ふと見ると、

勉強机に座ったことがなかった

シルバニアファミリーのお人形が

はじめて、

机に向かっていました。

 

椅子にはランドセル、

机には、ノートのつもりの紙切れ と えんぴつ^^

 

昨日、6歳さんは

入学式でした。

 

小学校という新しい世界へのわくわく、

どんなことをするのかな、「べんきょう」のわくわく、

そんなわくわくの気持ちが

見えるようです^^

 

お人形さんを机に座らせてみたり

「べんきょう」させてみることで

自分のわくわくの気持ちを、

目に見える形にして、改めて感じているのかもしれない。

わくわくを、自分のできるやりかたで表現して

気持ちの整理をしている、のかもしれません。

 

そして、わくわくと一緒に

感じているかもしれない「不安」も、

お人形さんを「学校の子」にしてみることで、

自分が体験するように動かしてみることで、

やっぱり、気持ちの整理をしているのかもしれません。

 

子どもたちは、

お人形を動かすことで

楽しかったことやうれしかったことを追体験して 幸せな気持ちになり、

悲しかったことやイヤだったことを追体験して 気持ちの整理をし、

まだしたことがない憧れや 不安なことを、疑似体験してみる。

 

6歳さん、どんなことを思って

お人形さんを机に座らせたのかな^^?

 

母は、あなたの心の姿を

お人形さんを通じて

ちょっとだけでも 知ることができること、

とってもありがたいです。

 

なんといっても、鈍いお母さんだからね(^_^;)アハ

 

お人形さんに、感謝^^!

 

 

今日は熊谷でおもちゃ屋さんの日です^^

お店のこと , , 0 Comments

今日のイベントで初めてお目見えの、タオル人形たち^^♪

さて、一人だけ、違う子がいます。

さあどの子カナ^^?

今日のイベントで初めてお目見えの、タオル人形たち^^♪  さて、一人だけ、違う子がいます。

 

マアサテオキ…^^

 

今日のイベントに、

タオル人形ちゃんたちが間に合いました^^!

 

ふわふわのタオルで作られたタオル人形、

抱き心地が、とっても幸せです(#^.^#)カワイイ

 

新生児の頃の大きさで、

赤ちゃんみたいにあったかくて、やわらかい…

なんだか懐かしくなっちゃいました♪

 

抱っこしに、おいでくださいな^^↓↓

***********************

9月9日(日曜日)、熊谷スポーツ文化公園にて

おもちゃ屋さんをします(*^_^*)

 

熊谷の工務店さん、ナチュラハウスさんと一緒です♪

 

ナチュラハウスさんの木の家具、

かばんねこの木のおもちゃ…。

 

木の家具と、そこに並ぶ木のおもちゃを通じて、

「木と暮らす」こと、「木で育つ」こと、

感じてくださると うれしいです^^

 

遊びのワークショップも、計画中♪

 

熊谷の「わくわくスポ文まつり」
http://www.parks.or.jp/kumagaya/topics/?id=125
(地図もこちらにあります^^)

いろんなイベント・ステージ・屋台もいっぱい!

どうぞお出かけくださいね^^♪

 

 

 

お世話あそびのおんぶひも^^

おもちゃ , , , 2 Comments

お人形さんの、おんぶひもです♪  1歳くらいから3歳くらいまで、  子どもたちは、お人形さんをおんぶするのが大好き^^♡  お母さんにしてもらったように、  お人形さんを赤ちゃんに見立ててお世話してあげます。

 

これは、何でしょう^^?

 

全体の一部の写真だと、わかりづらいですね(^_^;)

お人形さんの、おんぶひもです♪

 

1歳くらいから3歳くらいまで、

子どもたちは、お人形さんをおんぶするのが大好き^^♡

お母さんにしてもらったように、

お人形さんを赤ちゃんに見立ててお世話してあげます。

 

そんな子どもたちに、

ぴったりのおんぶ紐をつくりたいなあ…♪

 

そんな想いで、

おもちゃコンサルタントの作家さんに

おんぶ紐を作ってもらっています。

 

いかがですか?小さなモニターさん♪  お人形さんとぴったりくっついておんぶできるように、  バックルでカチッでなく、  紐でぎゅっとできるようにしましたよ^^

 

その試作品を、お試し中^^

いかがですか?小さなモニターさん♪

お人形さんとぴったりくっついておんぶできるように、

バックルでカチッでなく、

紐でぎゅっとできるようにしましたよ^^