子どもは繰り返す。繰り返す。繰り返す。

子どもとそだつ 0 Comments

子どもとはさみ

一回切り、楽しいね。カレンダーの端も、ぜーんぶ切っちゃったね。ハサミのはじめのはじめは、楽しさがいっぱいです^^

 

子どもは、くりかえし、くりかえし、くりかえし…が、好きですね^^

おんなじことを、何度も何度も繰り返します。

 

 

おもちゃを上から落としたら、いい音がした。

もういっかい。もういっかい。もういっかい…。

 

坂道をかけのぼって降りてきたと思ったら、またかけのぼる。

のぼっておりて、のぼっておりて、のぼっておりて…、いつまでやるの?

 

うめぼしを口に入れて「すっぱい!」とびっくりしたら、

何度も何度も口に入れては、「すっぱい!」とすっぱい顔をする。

 

 

たとえば、その梅干し。

大人なら、一度やってみて「すっぱい!」って分かったら、

2度目をやってみることはしないでしょう。

でも、子どもはやります^^

 

 

子どもは、

何度も何度も、同じことを経験しながら、

自分の感覚をどんどん、育てているのです。

 

 

同じことをくりかえしながら、同じことを何度も経験して、

しっかり味わって、自分のものにする^^

 

 

だから、

「一回やったらわかるでしょ!?」なんて言わないで、

子どもが、心ゆくまでそれを味わっているのを

見守ってあげていいんだなと思います。

 

 

くりかえしくりかえし、同じことを経験しながら、

子どもたちは、

ちょっとした違いや変化を、だんだんに、心のなかで分かっていく。

 

 

ハサミも、

何回も何回も切りながら、

「あれっ?こうしたら切れないぞ?」なんて気づいたり、

「こうしたらまっすぐ切れたよ!」なんて分かったり、

ハサミの持ちかた、紙の持ち方、切り方…

 

 

1回目より2回目、2回目より3回目…って、

どんどん違いを感じたり、変化の手応えを感じたりして、

感覚を研ぎ澄ませて、自分のものにしていく。

 

 

「ちょっとした違いや変化を感じられるようになる」ということは、

モノを見る力や、なにかをするときの技術力、知識を得ること…、

そんな、大事な力の土台となります。

 

 

くりかえし、くりかえし、味わうこと。

大人にとっては意味を感じられない行動かもしれないけれど、

わたしたちも子どものとき、たぶんいっぱいやってきました。

子どもはそれが「大事だから」、やっているんですね。

 

 

もし、大急ぎの用事があったりすごく危ないことでないときは、

どうぞぜひぜひ、見守ってくださると、

きっとのちのち、イイですよ^^すごく。

 

 

***********************

まいにち育つ、こどものために。こどもと育つ、おとなのために。

木のおもちゃと手仕事屋かばんねこ

℡ 0277-46-6644(10-17:30 木土祝お休み)
お問い合わせ(どしどしどうぞ)

かばんねこのイベントはこちらをみてね

木のおもちゃの専門店に、子どもと、お孫さんと、遊びにおいで!
キッチンと、おもちゃと絵本のあるレンタルスペースでイベントを開こう

*************************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です