その子ができることを、できるように。したいことを、したいように。

おもちゃ 0 Comments

指先でつまむ木のおもちゃ、ミニボールゲーム

小さい子なりに、大きい子なりに、その子ができることで、しっかり遊ばせてくれるのです^^

 

こんにちは^^かばんねこです。

この小さなボールのおもちゃは、子どもたちに、とっても人気なのです。

 

 

木のボールは小さいので、モノをお口に持っていっちゃうちびさんにはおすすめできませんが、

たとえば、

3歳さんは、指先を上手に使えるので、指で小さな木玉をつまんで、ボードの穴にしっかり入れることを楽しみます。

ただつまんではボードの穴に入れる、つまんではボードの穴にいれる…、そんな作業が楽しい!

慣れてくると、ボードの端から順番に木球を入れていったり、同じ色の木玉を集めたり、赤・青・赤・青…と自分のルールを決めて、順番のあそびを発明するでしょう。

 

 

4歳さんなら、隣にあるピンセットのような道具も、扱えますね。

「道具を使ってつまむ」「道具をつかって的(まと)のところに放す」という作業、それ自体をわくわくと楽しんでくれるでしょう。

道具をしっかり持つ、道具でモノを持つ力加減を知る、道具を使って作業する…。

手指の延長にある道具を、しっかり扱える喜びを、いっぱい感じてくれるでしょう。

そうしてもちろん、色で分けたり、順番にしたり、自分で思い描いたルールをボードの上に再現していく楽しみを、しっかり見つけてくれると思います。

 

 

5歳さんなら、もう道具の扱いはお手のものかもしれません^^

道具を、自分の手指のように、しっかり扱える得意さを実感できるでしょう。

つまむ・放す、という作業自体よりは、木玉でつくる絵や、色でつくるデザインの方に気持ちが向いていくと思います。

「数」の不思議も、あそびながら知っていけるでしょうね。

 

 

小学生時代からは、ボードに現される絵やデザインたちが、どんどん高度になっていくでしょう。

おつきあいでやってきたおおきいお兄さんやお姉さんも、もちろん遊びます。

大人の方も、「あーこれができるまで待って!」なんて言っているくらいです^^

 

 

良いおもちゃというのは、年齢や技術に関わりなく、その子ができることをちゃーんとできるような、受け止める余裕があるのだなと感じます。

だからこそ、どんな年齢の子も、大人も、楽しい^^

 

ミニボールゲーム

花火ですって^^

 

***********************

まいにち育つ、こどものために。こどもと育つ、おとなのために。

木のおもちゃと手仕事屋かばんねこ

℡ 0277-46-6644(10-17:30 木土祝お休み)
お問い合わせ(どしどしどうぞ)

かばんねこのイベントはこちらをみてね

木のおもちゃの専門店に、子どもと、お孫さんと、遊びにおいで!
キッチンと、おもちゃと絵本のあるレンタルスペースでイベントを開こう

**************************

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です