じっくり、みるあそび

おもちゃ 0 Comments

メリーゴーラウンド

赤ちゃんに、子どもたちに、みるあそび。

 

「ひとつのものを、じっくり、はじめからおわりまで、見る。」

子ども時代にしてほしい、とっても大事な体験です。

それを、存分にさせてくれる、メリーゴーランド^^

 

お馬さんのおしりを、そっと押してみると…、

お馬さんたちが、くるん、くるん…。

真ん中の芯棒に、鮮やかなリボンが巻きついたり解けたりして、回ります。

それもとってもきれいで、目を奪われます。

おすわりのちびさんから小さな子どもたちに、手渡してあげたいおもちゃです。

 

単純なしくみなので、どんなふうに遊ぶのかは、子どもに任せられます。

おすわりの頃からのちびさんなら、メリーゴランドがくるんくるん回る様子を、じーっと見つめてくれるでしょう。

そして、手ってをのばして、触ってみるでしょうね。

偶然に、良い具合にお馬さんに力が伝わってくるんと回る様子を、喜ぶでしょうね。

そしてだんだんに、上手に回して遊ぶでしょうね。

 

どうなっているのかな?なんでこうなるのかな?

ちょっと大きな調べたがり屋の子どもたちは、いろんなことを試してみるでしょう。

強く押してみたり、そっと押してみたり、

リボンを引っ張ってみたり、お馬さんを持ち上げてみたり。

どこまでもリボンを巻きつけてみたらどうなるのか、試してみたり。

それも、単純なしくみでシンプルに作られているから、存分にできることです。

 

そして、小さい子も、大きい子も、大人のみなさんも、

メリーゴランドが回る様子を、じーっと、じっくり、見つめるでしょう。

 

「ひとつのものを、じっくり、はじめからおわりまで、見る。」

それって、とっても大事な体験です。

 

自分で「これを見る」と決めること。

気持ちをそらされずに、見つめ続けること。

「さいごまで」見ること。

 

遊びのなかには、生きていくうえで大事な、いろんな力を応援してくれる機会が、たくさんあります。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です