しんけんに、あそんでる!

子どもをおもう 0 Comments

子どもの遊びは カラコロツリー

自分の意志でその「あそび」に取りかかり、

それに、自分からはたらきかけて主体的に関わり、

集中するほどそのことに没頭して、没頭して、没頭して…

満足するまでやって、やめる^^

 

そんな子どもたちの姿、見たことがありますね。

 

そんな子どもの姿は、「遊び」をしているというより、

何か大事な「仕事」をしているようです。

 

どうして、そんなに真剣になるのでしょう。

大人の私たちは、どんなときに、こんなに集中して何かを続けるでしょうね?

 

そう考えてみると、

きっとその「あそび」は、とっても面白いのでしょう。

自分にとって、真剣になるほど「とても大事なこと」なのでしょう。

 

未知のことや新しい世界に触れるわくわく、今まで知らなかったことに出会ったどきどき、

今までできなかったことができるうれしさ、挑戦する楽しさ、成長を感じる喜び…、

大人として自分のことを思い返してみても、いろいろありますね^^

 

だから、そんなわくわくと夢中になっていることを

「もういっぱいやったでしょ、もういいでしょ」って急にやめさせられたら…、

もしそれが自分なら、どんなふうに感じるでしょうね。

自分にとって、すごく大事なことだったかもしれないのに、

その情熱やそれによってなされたかもしれない成長は、どうなっちゃうのでしょうね。

 

子どもも、大人も、おんなじ。

自分のために、夢中になっているのです。

「自分にとって大事なこと」に

自分の成長のために、夢中になっているのです^^

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です