子どもには、整理されたおもちゃが、大事。

おもちゃ, 子どもとそだつ 0 Comments

くまの紐通し

かばんねこ、今日からまた、通常通りです^^

どなたにもいいことがあった、長いお休みであったことを願います。

 

さて、さて、

子どものためのすてきな仕掛けをたくさん持っているおもちゃ、

かばんねこは、とても好きです。

 

たとえば写真の、くまの紐通し。

まずは、くまのパーツ…「おんなじ形のものが、たくさんある」。

これは実は、すごくうれしいこと。

そしたら子どもは、「並べる」ことができるし、「積む」ことができる。

 

そして、「色」があること。

色があると、同じ色どうしに「分ける」ことができるし、それを「並べる」ことができます。

それに、

色があると、色の「順番を決める」ことができるし、そのルールに従って「並べる」ことができます。

例えば、

おんなじ色どうしに分けてみたら、くまが同じだけ(5ひきずつ)集まります。

すっきりして、気持ちいい^^

それに自分でそれを整理したことが、子どもはうれしいし、楽しい!

 

さらに、「数」があること。

くまのおなかに、1から5までの、穴があいています。

色と同じで、同じ数同士に「分ける」ことができるし、「並べる」ことができる。

1、2、3…の「数字」が分からなくても、
穴がひとつづつ増えていくことに「気づいて」、「順番に並べる」ことができるかもしれない。

子どもはそれに自分で気づいて、思うように作業することが楽しいし、
最後まできちんとできることが、うれしい!

 

そして、おもちゃとして一番大事なことは、

くまの色や数がバラバラでなく、ちゃんと整理されていること。

くまはちゃんと、1から5までの穴がある子がひとりずつ、5色分揃っています。

だから、1どうし、2どうし…、数でわけると、ちゃんと5色のくまがそろう。

赤色のくまを集めると、1,2,3,4,5、の穴のあるくまが、きちんとそろう。

 

それを最後まで分けきることができたとき、子どもはとっても気持ちいいし、

数や色が整理されているからこそ、いろんなことが、すっきりと理解できる。

 

でも、

これがもし、赤が6枚、青が2枚、黄色が5枚、白が5枚、緑が7枚だったら?

数字が、1のものが3枚、2のものが4枚、3のものが10枚…とかだったら?

色で分けても、もやもやと混とんとしている。

数でわけても、もやもやと混とんとしている。

何にもすっきりしないし、気持ちよくない。何にも気づけないし、楽しくない。

 

子どもの遊びは、「混とんとしたものを自分で整理して、何かに気づく」ことだったりします。

 

バラバラのくまを、色でわける。数でわける。順番にする。

その作業が最後まできちんとできるように、おもちゃ自身がちゃんと「整えられている」こと。

それが、とっても大事なことで、うれしいことだなと思います^^

 

あっもちろんこのくまたち、紐通しとしても、大活躍します!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です