子どもがつくる、小さな世界

おもちゃ 0 Comments

bokunomura

レンタルスペースのベンチに現れた、すてきな風景。

ママの参加するイベントの間、ひとりのお子さんが、大人たちなんかそっちのけで、

ひとりで、ずーっと、もくもくと、並べていました^^

 

いろんなところに、いろんな物語が、あるんでしょうね。

このなかに、じぶんも、いるのかな。

 

これは、1934年から、作り方も材料も変えずに作り続けられている、ミニ積木です。

小さな、かわいらしい世界を、わたしたちに見せてくれます。

こんなふうに、小さな世界を作ってもいいし、

積み木の建物や、汽車がはしる線路の風景づくりにも、活躍してくれます。

 

小さな子どもが、ひとめで見える、両手をかるく広げるくらいの幅の広さに、

思うままに、自由に世界を作ることができる、すてきなおもちゃです。

 

積み木同士が触れ合う時の、軽やかな澄んだ音も、とてもうれしくて、楽しい^^

 

このミニ積木には、いろんなシリーズがあります。

村の風景や、動物たち、汽車…。

3歳くらいから、遊べます。

どうぞ、かばんねこまで、見においでなさい^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です