できたいけど、できない

子どもをおもう 0 Comments

できたいけど、できない

できたいけど、できないときって、あります。

たとえば自分だって、大きい声で「こんにちは」って言いたい。

できたらいいなって、いつも思ってる。

 

3歳さんは、「できる」と「できない」がとっても気になります。

「大きい―小さい」とか「高い-低い」とか、違いを比べてものごとを認識できるようになると、

そのすてきな比較の力は、友達と自分の違いを感じてしまう、そんな力にもなってしまうのです。

 

どの子もみんな、できたい。お兄ちゃんに、お姉ちゃんに、なりたい。

でも、まだまだ自信がもちきれないなかで、できるかな、できたらいいな、できなかったらいやだな…って、ドキドキしてる。

子どもだって、人間だもの。人間らしく、悩みますとも^^

 

そんなとき、すぐ近くにいる大人のわたしたちは、どんなふうに、そばにいてあげたらいいんでしょう。

どんなふうに、気持ちに寄りそうことができるでしょう。

でもどうか、頑張らせないで。

心の中で、子どもたちは十分にがんばっています!!から^^

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です