屋根に上る

子どもとゆく 0 Comments

屋根に上る

風がびゅうびゅうだったので、一番高い屋根にのぼってみました。

(というか、ベランダの雨除けが風で壊れそうなのを直すため)

遠くまで見えて、気持ちいい!

(でも寒いー!!!)

 

屋根って、子どもも大人も、なんだかすっごく上ってみたいところです。

なんででしょう、なんだか、わくわくします^^

そして、上ってみたら、ぜったいに楽しくて、気持ちいい!

 

「視点が変わる」というのは大げさですが、

自分のいつもの目の高さ…「いつもモノをみる位置」が変わるって、いざそうなってみると とても新鮮。

おまけに、おひさまの光を感じて、風を感じて、足元のおぼつかなさを感じながら、

遠くまで、とおーーーーくまで、広く、ひろーーーーく、世界を見渡せる気持ちよさ^^

大人だってそうなんだから、子どもだったら、なおさらです。

まだまだ小さな背の、低ーい視点で、家族や保育園・学校という小さな身の回りの、まだまだ小さな世界で暮らす子どもたち。

いつもの目の高さより ずーっと高いところで、自分の暮らす世界を見たら、どんなふうに世界は見えるんでしょう、どんなふうに感じるんでしょう。

「危ないからダメ」なんて、言えなくなっちゃいませんか^^?

 

ところで思えばこの写真。

風が冷たいから下ばっかり向いちゃうけれど、きれいな空だったのね^^

それもまた、楽しい驚きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です