子どもの育ちにアナログゲームを

やっぱりゲームだ 0 Comments

子どもの育ちにアナログゲームを 写真はゲーム「ぶたはとべるの?」

 

「我慢ができない。」

「友達とのちょっとしたトラブルで泣き続け、感情のコントロールができない。」

「ゆずる、負けてあげる、おりあいをつけるなど、相手を受け入れる対応ができない。」

小学2年の授業参観で、クラスの様子として言われたことです。

 

あらら…

みんなでルールを決めて遊ぶ体験が少ないのかな…?

 

たとえば鬼ごっこや高おに。

「逃げるのはあそこまでにしよう」とか「セーフは高いのだけね、小さい石とかに乗るのはなしね」とか、鬼だけが辛くならないよう、みんなが楽しめるようにルールを作って遊ぶ。

小さい子が混じっていたら、その子だけの特別ルールを作る。

そして、みんなで決めたルールを守る。

遊んでみてうまくいかなかったら、その場でルールを変えていく。

 

ルールを守らないとみんなに責められる経験をするし、そうされることで子どもたちは自分の欲求のセーブや、感情のコントロールができるようになっていきます。

友達といい関係でいられるように、友達の意見を受け入れたり、言い張らずに提案してみたり、そんなこともできるようになっていきます。

 

だって、みんなで遊ぶ経験を通じて、「自分の勝手を通すより、みんなで決めたルールを守って遊んだ方が楽しい!」「みんなが楽しいほうが、ぜったい楽しい!」って感じられるようになるから^^

 

今は、子ども同士のこんな育ちあいが、あまり期待できる時代ではありませんね。

親がその部分をフォローする必要がでてきました。

というのは、まわりの人とよい関係を作ってそれを維持していく力は、社会でみんなと生きていくために、必要な力だから。

 

・・・ということで、突然ですが。

地域のおもちゃ屋さんに、お出かけください^^

「ルールのある遊びをする」

「自分勝手なことをして遊びがダメになる経験をする」

「悔しい経験をする」

「負ける経験をする」

「みんなで楽しい遊びをしたうれしい体験をする」

「勝っても負けても楽しいという実感をもつ」

子どもたちがぜーーーーんぶ経験することができる、そんなアナログゲームがたくさんありますよ^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です