ほめて育てよ … ビーズ遊びからおもう

子どもとそだつ 0 Comments

ほめて育てよ...ビーズ遊びから

子どもを「ほめて育てよ」というのは、

人は他者に自分の良さを認めてもらって初めて、自分のことを「いい!」と思えるからです。

誰かに認めてもらえないと、自分の価値を感じることができない。


だれか他の人に、「こんなことが得意なんだね、すごいね」とか「あなたのこんなところがすてき」とか、そうやって自分を認めてもらってはじめて、わたしたちは自分の良さを感じることができるんです。

だから、
「おまえはバカか」「こんなこともできないの?」とかいう言葉で『自分を認めてもらってきた』子は、「わたしはバカだから…」「どうせできないから…」ってなる。

すごく寂しいし、何よりその子にとってもママやパパにとっても、いいことなんて何もない。

「自分っていいな^^」って素直に思えることが大事だから、「ほめて育てよ」なんだと思います。

 

 コドモト「紐通し・ビーズ②」

 

    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です